金の甕 gold jar


 この世に生まれる時はみんな同じく手ぶらで生まれた。ところがある人は栄え、ある人はだめになった。どうしてだろうか。自分の体を金の甕だと思って価値ある使い方をした人は栄えたし、自分の体を土の器だと思って使った人はだめになったということだ。

 Everyone is born with empty hands/(nothing in their hands) when they are born into the world. But some people did well and other did not do well. What do you think is the reason for that? The person who used his body valuably knowing(thinking) his body was a gold jar did well and the person who used his body knowing(thinking) his body was a clay jar did not turn out well.

photo: 「Pot of gold coins」 by Artnow314 from flickr


おすすめ

2件のフィードバック

  1. STB35 より:

    ”金の甕”と思いたい気持ちはあるけど、そう簡単なことではないです…ね。
    そう思えるようになるにはどうすれば( ̄▽ ̄;)

  2. NY より:

    価値を知るって重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA